HEART Logo HUTE Logo

HEART Hyokyo Institutional Repository >
E 連合学校教育学研究科 >
e.4 博士論文 >
博士論文[本文] >

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
博士論文-古田紫帆.pdf2.25 MBAdobe PDF見る/開く
タイトル: 初任期の教員同士が主体となって取り組む授業研究法の開発
著者: 古田, 紫帆
キーワード: 授業研究
教師教育
発行日: 2019年3月8日
抄録: 本研究では,ますます高度な技術が求められるようになっているものの,そのための学習環境が不十分な状態になりうる教員として,初任期の教員の学習機会に着目し,そのための研修を開発し,あり方を追求してきた.研修を開発するにあたって懸念事項となる,3つの制約,すなわち「経験の制約」「専門内容の制約」「時間の制約」を考慮しながら実践してきた結果,教員同士が日常的に専門を超えて協力しながら,授業設計に関するメンタルモデルを更新させるための学習用具や環境を用意することで,教員の経験年数が短く,専門領域が異なっていても限られた時間内に学び合うことができることがわかった.
URI: http://hdl.handle.net/10132/17766
学位授与番号: 14503甲第288号
学位授与年月日: 2018-03-24
学位名: 博士(学校教育学)
学位授与機関: 兵庫教育大学
出現コレクション:博士論文[本文]

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10132/17766

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください