HEART Logo HUTE Logo

HEART Hyokyo Institutional Repository >
A 学校教育研究科 >
a.2 紀要 >
兵庫教育大学研究紀要(~49巻) >
29 >

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
AA119847890290001.pdf2.23 MBAdobe PDF見る/開く
タイトル: 「総合的な学習の時間」における「話し合い活動」の意義と活性化の方略に関する研究 : ハーバーマス,J. の「コミュニケーション的行為理論」を基盤にして
その他のタイトル: ソウゴウテキ ナ ガクシュウ ノ ジカン ニ オケル ハナシアイ カツドウ ノ イギ ト カッセイカ ノ ホウリャク ニ カンスル ケンキユウ : ハーバーマス J ノ コミニュケーションテキ コウイ リロン オ キバン ニシテ
A Study on the Significance and Strategy of ″Argument Activity ″in ″Class of Integratedlearning〃: Based on the theory of Communicative Action by Jurgen Habermas
著者: 渡邉, 満
岡本, 義裕
ワタナベ, ミチル
オカモト, ヨシヒロ
Watanabe, Michiru
Okamoto, Yoshihiro
キーワード: 総合的な学習の時間
デューイ
ハーバーマス
コミュニケーション的行為
話し合い活動
the Class of Intergratedlearning
John Dewey
Jurgen Habermas
communicative action
argument activity
発行日: 2006年9月
URI: http://hdl.handle.net/10132/176
出現コレクション:29

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10132/176

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください