HEART Logo HUTE Logo

HEART Hyokyo Institutional Repository >
S 事務局 >
s.3 報告書 >
「理論と実践の融合」に関する共同研究活動成果報告書 >

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
rirontojissen2016_ishikura.pdf533.91 kBAdobe PDF見る/開く
タイトル: 自立活動における「身体の動き」の指導効果に関する研究 : 動作法と心理リハビリテイションキャンプについての調査
その他のタイトル: The Evidence of the Physical Movement Method for JIRITSUKATSUDOU : The Research about Psychological Rehabilitation Camp and Dohsa-hou
著者: 石倉, 健二
東川, 博昭
船橋, 篤彦
イシクラ, ケンジ
ヒガシカワ, ヒロアキ
フナバシ, アツヒコ
ISHIKURA, Kenji
HIGASHIKAWA, Hiroaki
FUNABASHI, Atsuhiko
キーワード: 心理リハビリテイション
動作法
ADL
FIM
効果
Psychological Rehabilitation
Dohsa-hou
ADL
FIM
Evidence
発行日: 2016年
出版者: 兵庫教育大学
記述: 平成27・28年度「理論と実践の融合」に関する共同研究活動実績報告書
URI: http://hdl.handle.net/10132/17582
出現コレクション:「理論と実践の融合」に関する共同研究活動成果報告書

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10132/17582

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください