HEART Logo HUTE Logo

HEART Hyokyo Institutional Repository >
H 学校教育研究センター >
h.2 紀要 >
学校教育学研究(~26巻) >
26 >

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
AN100700980260009.pdf11.53 MBAdobe PDF見る/開く
タイトル: 大学における日本近現代の授業実践 ( II ) 広島、長崎への原爆投下を どう教えるか -フク シマ後を視野に
その他のタイトル: ダイガク ニ オケル ニホン キンゲンダイ ノ ジュギョウ ジッセン ( II ) ヒロシマ、 ナガサキ エノ ゲンバク トウカ ヲ ドウ オシエル カ -フクシマ ゴ ヲ シヤ ニ
Teaching Modem History of Japan (Ⅱ): How to Approach Hiroshima-Nagasaki Atomic Bombing after Fukushima Disaster
著者: 小南, 浩一
コミナミ, コウイチ
Kominami, Koichi
キーワード: 原爆投下
早期終結人命節約説
ソ連への威嚇
ターニングポイント
福島原発事故
ビキニ事件
atomic bombing
Stimson Doctrine
threat to the Soviet Union
turning points
Fukushima nuclear disaster
the Bikini Atoll nuclear test
発行日: 2014年2月
URI: http://hdl.handle.net/10132/15344
出現コレクション:26

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10132/15344

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください